初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

新製品のアイデアを考える方法とは

社会の動きや自分の興味対象等、アイデアのシードは、いたるところに存在する。
アイデアをニーズに沿う形に仕上げ、製品コンセプトを作る。
コンセプトの創出は、セグメンテーションやポジショニングの確立につながる。

アイデアは、自由な発想から生まれる

新製品開発の手順は、各企業ごとで独特の手法があると思います。



また、同じ企業の部署や事業部であっても、臨機応変に新製品開発の手順が定められることが多いと思います。

しかし、基本的な流れはあるので、ここではその手順を説明します。

新製品開発と言っても、全く白紙の状態から新製品を開発することはまず無いと思います。

例えば、パソコン開発を例にとると、自社の既成のパソコンやその他のパソコンに関する製品やサービスを開発するものです。

会社の状況から例えば10年後の会社の製品の柱となる新製品を開発するといった大型、自由発想の新製品開発プロジェクトでも、パソコン会社が新規に農産物開発に参入する訳にはいきません。

そこで、新商品開発には、何を付く必要があるのかといった、大きな方向性は、いくら自由に作ると言っても既にある程度決まっているのです。

この大きな新製品開発の枠組みの中で、その方向性を踏まえた上で如何に自由な発想を持つことができるか。

言いかえれば、如何に顧客のニーズに応えることができるのかが、家電メーカーであれ、パソコンメーカーであれ重要です。

新製品開発で先ずなすべきは、アイデアを考えることです。

もちろん、そのアイデアは、どんなものでも構いません。

差は社会の動向や自分の趣味、また、日常生活における些細な出来事もアイデアのヒントになります。

例えば、通勤途中の満員電車の中で原稿を書く人もいます。

その人たちは、この満員の空間がもっと快適にならないかと思います。

ゆっくり座席に腰掛け、本を読みたいと思う人も多いでしょう。

このような事は、アイデアと言うより願望ですが、この願望からの発想で、満員電車の不快空間を快適にしたり、通勤途中に使用できるパソコンを開発しようとすれば、顧客ニーズに応える新製品開発のアイデアと言えるものに成長して行きます。

事実、この満員電車のパソコン使用と言うアイデアから開発された製品にパナソニックの「レッツノート」があります。

この製品は、電車内の環境は改善できませんが、満員電車の中で強い圧迫を受けたとしても、液晶画面が損傷しない製品をと言う、顧客ニーズに対応した製品となりました。


コンセプトをまとめたら、他部門との調整へ

アイデアがある程度固まれば、このアイデアを実現可能性に照らして、絞り込む作業に入ります。

この一連の流れをコンセプトの創出と呼んでいます。

アイデア段階では思いつきと言われたものが、このアイデアをより顧客のニーズに沿ったものに近付ける再構築を行うことで、その後の新製品開発の具体化につなげるコアが、コンセプトと呼ばれるものです。

例えば、通勤電車内でパソコンを使いたいと言うアイデアは、多くのコンセプトとして昇華できるのです。

例えば、「レッツノート」のようにパソコンを通勤電車内の圧迫に耐えうる頑丈なものにするコンセプトも考えられますし、よりコンパクトさを求めるのなら、iPadといったタブレット型PC開発のコンセプトが出来たかもしれません。

また、このような通勤電車内でのパソコン操作は、結局通勤と言うことがなければ、最初から必要ないのだから、通勤せず、自宅と会社を高速でネットワークできるパソコン開発のコンセプトとなるかもしれません。

コンセプトを考える上でも、無限の可能性が潜んでいます。通常の製品開発では、チームプレーが行われていると思いますが、このような場合は、各開発メンバーの意見をよく吟味し、総体としてより良い新製品の形へ高める機会を持つことが重要です。

この人の意見をよく聞くことに関連して、よく知られているブレインストーミングがあります。

また、発せられた意見やアイデア、コンセプトをメモ書きに記述し、その後これを再編成することで、新しいアイデアやコンセプトを作りだすKJ法と言う手法もよく使われる手法です。

アイデアやコンセプトを考えていけば、セグメントやポジションも捉えられます。

例えば、先ほどの通勤電車の車内環境を快適にしたいというアイデアは、よく考えてみれば、毎朝通勤するある特定の集団、顧客を絞り込んだものになっています。

通勤・通学者のニーズに応える製品開発の発想です。

思い付きとも思われたアイデアが、検討を重ね練られるうちに具体的コンセプトに成長し、その流れの中で顧客のニーズは一体何なのかや、また、これに応えるためにはどうすればよいのかが流れと共に段々姿を現してきます。

こうして新製品の具体的な姿が出てくれば、次に行うのは、他の部署との交渉段階に進みます。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
リフォームローン 金利



















マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。