初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

アイデアを形にし、発売されるまでの流れ

生産部門や営業の意見を聞き、コンセプトの実現可能性と探る。
これと消費者調査や競合分析を並行して実施する。
発売後の顧客の意見を反映させて、ロングセラー製品を目指す。

生産開始まで続く調査と分析

現在の企業で生産される製品は、多くの人たちの共同作業で開発され、販売されています。



大半の企業では、分業化が進んで射るので、コンセプトや具体的な製品・サービスが決定した段階や、また、それ以前から、その新製品は実現可能なのか、もしできても、採算は取れるのかといった問題を生産部門や営業部門等に話を通しておく必要があります。

この話し合い、意見調整の中で、様々な細かな問題が浮かび上がることもあります。

製品製造のために特殊な製造装置の開発が迫られたり、商標その他のことで、法務部との打ち合わせが必要となることさえあります。

また、これらの他部門との調整作業を行いながら、でき上がった製品コンセプトが、顧客のニーズに応える真に正しいものか否かの検証のために、消費者調査や競合分析を更に進めることも必要です。

既に今日他社がこの製品に類する物の開発をかなり早く進めているかもしれませんし、同じ会社内でも、既にこれに準じた製品が発売されていることすら考えられるのです。

事業部制が敷かれる企業組織でかつ部門の独立性が高い企業では、部門ごとによく似た製品が開発され販売され、販売網や販売店はおろか、位に番重要な顧客にもこの混乱が及ぶ可能性もあります。

御存じの通り、これらの問題は、STPの要素なので、新製品開発プロセスは、全ての要素が深くかかわるのです。

消費者調査や競合分析が無事終了し、具体的な製造に向けての差部門との調整が終われば、いよいよ実際に販売するための生産に入ります。

新製品の発売は、マーケター冥利に尽きます。

新製品の開発プロセスをもう一度繰り返せば、先ず、固定観念に縛られず多くのアイデアを収集し、その中から優れたアイデアやそのエッセンスを抽出し、より具体的で顧客のニーズに応え、また、つながるコンセプトを構築する。

そして、このコンセプトを核にして、実際の製品作成のために他部門との打ち合わせを行い、でき上がったそのコンセプトが、実際の消費者・顧客ニーズに合致するかを消費者調査を並行して行いながら確認する。

そして、これらの作業の後に、実際に販売する製品を製造し、販売するプロセスをたどるのです。

ここでマーケターにとって最も重要な仕事は、新製品を開発し販売を開始した時から始まります。

製品のロングラン化を考え、少しでも長く顧客に愛されるように、製品のリニューアルを検討し、改良・改善を常に念頭に置く必要があります。


リニューアルは、販売開始から始まっている

製品を市場に投入した瞬間から、企業には多くの顧客からの意見がもたらされます。

この意見の重要性は、事前の調査と異なり、実際にお金を支払ってその商品を購入し実際に使用した人たちの評価であることです。

この意見や感想に耳を傾けなければ、製品の長寿化はないでしょう。

新製品の開発には、企業内の様々な方たちの他に、顧客の存在が重要な一役を買っているのです。

製品を市場に投入した後にどのような活動が必要になるかは、投入された製品が持つ特性とそのマーケティング方針で差異があります。

例えば、日常よく使う製品であれば、繰り返し買ってもらえる商品作りをしなければなりません。

そのためには、実際に使用した顧客の意見を十分尊重し、こまかな改善を続ける必要があるでしょう。

製品の多様化を図るため、生産ラインの拡充も視野に入れなければならないこともあります。

これに対して住宅や車といった大型高額製品の場合は、一人の顧客が繰り返し何棟・何台も繰り返し購入したりしません。

ただこれらの製品は長期間使用することが前提の製品なので、定期的なメンテナンスが重要です。

これらの製品購入では、企業と顧客の関係が、1度きりの関係ではなく、継続的な関係にならざるを得ず、企業側は、製品販売後のアフターフォローがとても大切な課題となるのです。

この問題について、マーケティング研究の大家であるセオドア・レビットは、今から30年以上も前の段階で、販売が終了した後にどのようなアフターフォローをなすべきかの重要性を説いています。

この時彼が対象とした製品は、自動車や住宅でしたが、現在では、これらの他にいわゆるコモディティ製品にも適合すると考えられます。

After the sale is overとは、製品の存在を特別視しないと言う、マーケティングの考え方の直接表現の反映であるかもしれません。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 今後













マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。