初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

ニーズにあった機能はどのように考えるのか

ベネフィットとは製品が提供する機能のことです 
ベネフィットは、1つとは限りません
ニーズとベネフィットを一致させるため、「誰に」「何を」「どのように」の3軸じくで考える

誰に、何を、どのように提供するか

製品は様々な機能を有していて、その機能で顧客ニーズを充たします。



焦点を絞ることは、重要な事であすが、焦点を絞っても製品には絞りきれない重要なたくさんの機能があります。

顧客ニーズに応える製品が提供する機能をベネフィットと呼びます。

日本語では便益です。

製品が提供するベネフィットは、1つだけではなくたくさんあると考えられます。

このことは、1つの製品は、多くのベネフィットが結束された状態にあると言えます。

少しオーバーな例を言うと、ラップトップ型パソコンは人の思考の道具として機能しますが、それはまた、使い方によれば、人を殴るものとしても使用できるのです。

製品はベネフィットの束で、この機能と顧客ニーズがうまく噛み合わされれば、価値ある製品と言う評価を受けます。

以上の言葉を前提にもう一度製品と顧客ニーズの関連を考察してみましょう。

市場には大変多くの顧客の存在があります。

彼らはそれぞれ少しずつ異なったニーズを持っていて、それぞれがこのニーズを充たしたいと考えています。

また、これに対して、製品も非常に多く存在し、それぞれ少しずつ異なった機能を有しています。

それぞれが異なったベネフィットの束を有しているのです。

顧客が多くいて、市場には多種多様なベネフィットの束を持った製品が存在する。

この顧客ニーズとベネフィットの束がうまく適合すると価値ある製品が誕生した事になるのです。

こうして考察して行くと製品と顧客ニーズの関係は、3つの軸で捉えられることが分かります。

顧客(誰に)、ニーズ=ベネフィット(何を)、製品(どのように)の3つの軸です。

ただ、ニーズとベネフィットの束とは完全に別物です。

しかし、この2つが一致しないと価値ある製品が誕生しないので、この2つは重ね合わせて考えることができます。

この例としては、ゼロックスが開始したコピー機ビジネスは、企業(誰に)対して、コピーサービス(何を)、コピー機(どのように)を基軸に財を提供しています。

また、「iPhone」でも、先進的なユーザーに対するソリューションをタッチパネルや通信環境整備等といった優れた技術改革によって、その財を提供していると言えます。

以上の3つの軸を使えば、現在提供している製品やサービスの将来戦略を構築することも可能になります。

ゼロックスのコピー機では、「誰に」(企業)を変えることで、新しい顧客の創造が可能です。

また、「何を」の変換では、同じ顧客に対し新しい価値を売り込みことも出来ます。

更に、「どのように」製品自体を変えるとか言う戦略も考ええます。


現在の授業を3つの軸から捉え直す

デレク・エーベルは、この軸の組み合わせを事業の定義を考える中で発見しました。

それ故、元々製品を間名がえるための方法に留まらず、もっと大きな事業ベースの問題検討としても利用可能です。

今行っている業務を誰に、何を、どのようにして提供しているのかを再検討してみてはいかがでしょうか。

その場合、重要なのは、ニーズを充たすベネフィットの束の存在であることは、言うまでもありません。

マーケターがやることは、このそれぞれの製品ベネフィットに優先順位を付けることです。

例えば、「電話が出来る」と言うベネフィットを第1義とするなら、回線や温室の改善が製品化に必要なアイテムとなるでしょう。

また、「おしゃれさやカッコよさ」を一義的ベネフィットにするのなら、デザインが最も重要なアイテムになるでしょう。

その結果、温室や雑音の問題が少し改善されないこともあり得ます。

ただ、全てのベネフィットを1つの製品に盛り込むことは不可能で、また、その必要もありません。

再度ここで、iPhoneを例にすれば、本体とヘッドホンを別売にすることで、かっこいい外観と音質また、利便性の問題まで一挙に解決されるかもしれません。

複数からなる顧客層それぞれにフィットできる効率的な対応も可能となるかもしれません。

このようなベネフィットの束をまとめて解決する方法をアンバンドリングと呼んでいます。

近年のネット環境の著しい発達で、このアンバンバンドリングと呼ばれる手法が簡単にできるようになったと言われています。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
長期金利 見通し

























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。