初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

試作品作りのメリットとは?

頭の中だけで理解していたコンセプトを実際に見える形にして確認できる。
実物があるので、組織内コミュニケーションの焦点が定まり易い。
顧客に試して貰えるので、現実的な改良点が浮き彫りになる。

プロトタイプの作成で見えてくる製品の姿

新製品開発には、アイデアやコンセプトが必要になりますが、これらアイデアやコンセプトは、具体的形状を示しているものではありません。



例えば、満員電車の圧力に耐えられる強度を持った液晶パネルのノートパソコンは、アイデアやコンセプトの段階では、頭の中だけにある抽象的な存在なのです。

プロトタイプ(試作品)とは、このような抽象的な頭の中の物を具体的な形に表すことです。

プロトタイプは、製品の簡単な模型レベルの物から、実際の使用に耐えうる製品により近い本格的なものまで様々なタイプがあります。

それではなぜ、プロトタイプの作成が必要なのでしょうか。

これには、同じ意味が、マーケターや説得の対象となる会社の他部門の者、そして、顧客に対してもあります。

ここで言う同じ意味とは、具体的に製品を表現することで見える現実が共通すると言うことです。

先ほどの満員電車に耐えうる強度を持った液晶パネルのパソコンの例では、確かにこんなパソコンが欲しいと望んでいる顧客がいるかもしれませんが、実際にこの商品ができ上がってきたものを見せたり使ってみると、自分の欲していたものと違和感を感じることもよくあります。

プロトタイプの制作は、このような問題に対処するために行われます。

商品を企画したマーケター本人も、プロトタイプを制作してみて、満員電車の圧力に耐えうる液晶パネルを持ったパソコンは、思った以上に厚くなるといったデメリットに気づく可能性もあります。

これは、当初イメージしていた、おしゃれなスタイリッシュなノートパソコンのイメージとはだいぶかけ離れたものでしょう。

更に、強度をますために比較的重量がある素材を使用しなければならないかもしれません。

この点も当初のイメージからは遠い存在になるかもしれません。

プロとタイプを制作すれば、「ベネフィットの束」としての製品の具体的な姿が見えるのです。

製品は、何か他の機能をこれに付加すれば、他の機能面に影響を与えます。

例えば、耐久性を向上させようとすれば、分厚くなったり、重い素材を使用しなくてはならないことがあります。

また、高級素材を使用して製品のグレードを上げれば、製品管理に細心の注意が必要で、しかもコスト高になって製品価格も上げざるをえないことにつながります。

このように、プロトタイプ作成の意義は、アイデアやコンセプトといった、抽象レベルの商品開発を実際に見える形や使用できるレベルに具現化してみようとすることです。


製品の改良にも欠かせないプロトタイプ

デザインの分野では、プロトタイプの制作はとても重要視されてきました。

例えば、今までのテレビの一般的な形である四角い形から、少し曲線を持った優しい外観を持つ液晶テレビのデザインにしたいと考えた場合、アイデアやコンセプトの段階ではこれで十分とも言えるのですが、具体的な製品化やデザイン化と言う点では不十分です。

具体的に言えば、少しの曲線とは、どれ位のRの丸みを持ったものなのか、また、その曲線を持った素材の丸みはどの位の厚を持ったものなのかも変わります。

また、アイデアやコンセプトの段階で、何か優しさを表したい液晶テレビの素材には、一般的に使われるアルミニュームや鉄を素材としてこれまで通り使用しても良いかとの疑問も残ります。

他にこのアイデアやコンセプトを表現できる素材があるかもしれません。

更に色の問題もあります。

白や黒が主流ですが、他にも選択の余地は限りないほど存在します。

このような製品開発の細かな問題を実際に検証するのは、プロトタイプ制作の意義とも言えます。

また、プロトタイプ制作の重要な役割リは、実際に顧客に試用してもらえることです。

プロトタイプの完成度にもよりますが、かなり実際の製品に近いプロトタイプの制作が出来れば、その製品の使い勝手や欠点を顧客に聞くことができます。

そんな情報収集の中で、満員電車の中の圧力に耐える液晶パネルを持ったノートパソコンは、いかにすれば軽量化して持ち運びに支障をきたさないかや、長時間使用のためのバッテリーの必要性にも気付かされることもあるでしょう。

また、顧客のニーズが、満員電車の圧力に耐えうる液晶パネルではなく、外出先で気軽にパソコンを利用したいことが、判明するかもしれないのです。

このような顧客の生の情報を入手することで、より価値の高い製品を市場に投入することが可能となるのです。

言いかえれば、プロトタイプの作成は、主として物理的な形作りを伴う製品開発プロセスであると同時に消費者調査の手法であるとも言えます。

ただ、サービス財の分野でも製品で行われたと同じような状況を作りだすことで、プロトタイプを作成したと同様の成果を上げることもできます。

ソフトウエアに目を転じれば、ハードウエアよりもかなり進んだ、いわゆるβ版の提供で、プロトタイプが現実化しています。

これは、β版を使用し、それを利用した顧客からの情報を取り入れることで、最終製品化へ向かう様々な改良改善が行われているのです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
長期金利 国債





























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。