初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

100円ハンバーガーを売って損はないか?

値下げによる販売戸数の大幅増加が問題。
価格弾力性の高い牛丼等では、値下げ効果が表れることもある。
値下げは両刃の剣。価格競争に巻き込まれる危険あり。

私たちは、自分に必要がある商品に出来るだけ安い価格を求め、同じ品質ならば、1円でも安い方を選ぶでしょう。



そのゆえ、価格を下げることが出来れば、より多くの商品が販売できることになります。

ただ、とにかく安いだけでも困ります。

製造側の問題では、価格競争によって急激な値下げを強いられれば、赤字に転落してしまいます。

例えば、ハンバーガーを作るのに100円かかれば、当然のことながら、販売価格は、100円を超える価格にしなければなりません。

それでは、赤字にならなければそれでいいかと言うとそうでもありません。

ここで、1個200で売っている毎日100個売れるハンバーガーを例にこの問題を考えてみましょう。

この事例では、1日単価200円のものが、100個売れるので1日の売り上げは2万円です。

ここで、赤字にならない範囲で、価格を下げてみることにします。

例えば、200円を1個100円に値下げします。

値下げをすれば販売個数は上昇すると思われるので、ここでは、便宜的に価格を半額にしたことで、売上戸数が倍の200個になったと仮定します。

この場合も、一個100円のハンバーガーが200個売れるので、売り上げ高は1日2万円となります。

この例は大変極端なものですが、値下げを行った結果、売上個数が倍にもなったのに、売上総額に変化がないと言う奇妙な結果になってしまいました。

この例は、値下げの効果を得るためには、その分販売個数が大きく増加しなければならないことを表しています。

ある商品の価格を下げた時、実際に売れる販売個数がどれ位増加するのかを予想する傾向値ことを経済学用語で、需要の価格弾力性と言います。

ここで重要とは、消費者側の必要性向を示す値なので、この例では、ハンバーガーの販売個数を示します。

つまり、価格変動が、販売個数にどんな変化を与えるかが問題の本質です。

価格弾力性は、提供されるものやサービスによって大きく変化します。

商材の特徴や消費者の趣向にも大きく関連します。

このハンバーガーの例では、ハンバーガーは各メーカー店舗が多く存在し、代替品が数多い商品と言えます。

このようは特徴を持つ商品では、価格弾力性は高いと言われます。

需要の価格弾力性が高いと言うことは、少しの価格の変動が重要に大きな影響を与えることでした。

マクドナルドが高いなら、ロッテリアでも良い、松屋でなければ、吉野家、すき家と言う具合です。


シェアの確保を値下げと言う選択肢

2000年にマクドナルドは、ハンバーガー平日半額セールを実施しました。

これによって、販売個数が、何とそれまでの5倍に増加したといいます。

販売価格を半額にすれば、販売個数は2倍以上にならないとその効果はないとも言えますが、5倍に拡大すれば、かなり値下げ効果があったと判断できます。

ここ結果は、ハンバーガー単品の販売総額の増加にとどまらず,来店者数やハンバーガー以外の商品の購買をも刺激したと考えられます。

最近では、ハンバーガー業界の価格競争は一段落し、牛丼チェーンの価格競争が激化しているようです。

これは、ハンバーガーと同じような効果の期待の現れかもしれません。

一方個人の嗜好性の高い製品や顧客のこだわり度が高い製品について、価格弾力性は一般的に低いと言われます。

価格が多少高くても、その顧客が欲しいものであれば、購入する傾向が強いのです。

ところで、製品の価格を下げると言うことは、いずれにしても企業にとって両刃の剣と言わざるを得ません。

何故なら、価格競争に巻き込まれる危険を常に内包しているからです。価格競争を短期的な販売競争の視点で見つめるのではなく、長期的な戦略をしての価格設定を考慮した上で、その価格戦略が妥当であるか否かを判断することが重要です。

ただ、競合他社が一方的な値下げ攻勢をかけることも低価格路線で攻めてくることもあり、このような場合は対応に苦労することも十分考えられます。

この他社の攻勢をそのまま放置したり、この他社の戦略とは逆に、高品質・高価格路線の差別化を図れば、徐々にシェアを奪われる結果につながります。

何故なら、競合他社も価格の安さを売り物に市場参入しますが、その後はシェアの拡大と維持を志向して、品質の向上に大きな努力を払ってくるからです。

この問題は、現在の多くの日本企業が直面する問題とも言えます。

直接対抗は最も危険な橋を渡ることなので、例えば、ポイントサービスやクーポン券を利用した時限的な値下げ戦略や機能を絞った廉価版の製品やサービスを投入するといったライン拡張戦略も検討課題の1つになります。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
定期 金利 ランキング


























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。