初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

大量生産すると何故価格が下がるのか?

規模の経済と経験の経済の効果があるからです。
固定費の頭割りの数が増加し、生産効率やクオリティーも上昇します。
マーケットシェアの高い企業では、利益率も向上します。

販売個数を増やすことのメリットは

需要弾力性の高い製品では、値下げによる効果が高いことが分かっていますが、この販売個数を増やすことには、さらなるメリットがあります。



それは、規模の経済や経験の経済と言う効果も期待できることです。

規模の経済も経験の経済もその意味するところは同じで、たくさん作った方が少量生産より製品1個あたりの製造コストを抑えられることが出来ます。

これをハンバーガーの事例で単純化すると、100個製造する場合と200個製造する場合では、製造原価が変化する可能性があります。

規模の経済からこれを見ると、ハンバーガーの製造原価を抑えるのは、固定費と言う費用に密接にかかわっています。

固定費は、例えばマックを例にすれば、1つ1つの店舗やハンバーガーを製造する機械がこれに該当します。

固定費の重要なところは、お客さんが商品を買おうと買うまいと、どんなに売れても売れまいと、この固定費が費用としてかかってしまうことです。

例えば、固定費が100万円として、もし、ハンバーガーが1個しか売れない場合では、単純な計算では、このハンバーガー1個を100万円以上で売らない限り店舗は赤字になります。

これに対して、もし、ハンバーガーが同じ店舗や設備で1万個売れたなら、ハンバーガーを1個当たり100円で販売すれば、固定費はペイされることになります。

これは、販売数の増加が、固定費の頭割りの数を増加せせることを意味します。

このように原価を抑えることが出来れば、価格を下げても経営を維持できるだけの利益を得ることができます。

また、多くの製品や商品を作り続けることで、経験の経済の効用も享受できます。

経験の経済とは、例えばハンバーガーを作る人や製造販売する組織は、販売や製造経験を積めば積むほど、より効率的でおいしいハンバーガーを作る技術を得ると言うことです。

当然ですが、初めてハンバーガーを作る人は、経験豊富な人に比べうまくハンバーガーを作ることができません。

レシピを睨みながら失敗しないように作りますが、それでもパテを焦がすような失敗も危険が多くあります。

当然、失敗ハンバーガーはお客さんに出せないので、償却することになりますが、経験不足の人では、この歩留まり率が悪くなります。

しかし、人や組織は経験を積むことで成長し、より早くより形よく、より効率的にハンバーガーを作ることが出来るようになります。

1つ1つ段階を追って作業していたものが、一定の作業を同時進行して行えるようにもなります。

また、ハンバーガーの例では、パテを焼く者、バンズを温める者、最後にバンズに具を入れ仕上げる者等、分業制での作業効率化も図れます。

このように、人や組織の成長やそれに伴う効率化で、ハンバーガー作りにかかる費用は劇的に減少hし、その分利益が増す結果となります。


シェアを高めれば、利益率アップ

規模の経済と経験の経済のうまい統合は、価格を下げることに多大な貢献を果たします。

価格を下げて個数をあげることは、単純に、売上=販売個数×価格と言う式では表せません。

更に言えば、多数の製品を販売することには、その原料もたくさん使うことになるので、ハンバーガーの場合では、肉の大量仕入れによるコスト削減効果も期待できます。

あるいは、ハンバーガーショップのような多種品目の販売を行う会社では、フライドポテトやコーラ、アイス、といったハンバーガー以外の商品で、ハンバーガーの薄利を補うことも可能です。

このように値下げに様々な要素を絡み合わせることで、値下げは、効果のあるマーケティングになります。

ところで、たくさん売れば売るだけ原価を下げることが出来ることは、戦略上どのような意味を持つのでしょうか。

この問題に対し、以前アメリカにおいて、PIMS(Profit Impact of Marketing Strategy::市場戦略への利益の影響についての研究)と呼ばれる企業間マーケティング活動とその効果を検証する大規模な調査が実施されました。

その調査の中で注目されたことは、マーケットシェアの高い会社は、利益率も高いと言うことでした。

このことは、規模や経験の経済で裏付けられます。

シェアの拡大戦略は、ただ単に業界bPを目指すといった表面的なものではなく、販売数量を増加させることで、競合各社より少しでもその製造原価を抑え、より高い利益を生むための利にかなった方法と言えるのです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
普通預金 金利 比較

















マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。