初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか

市場動向を見ながら資金回収プログラムを考えます。
初めは定価販売で、少しずつ価格を下げるのが、経時的ディスカウントと言います。
これに対して、先ず低価格でシェアの確保をもくろむ方法が浸透価格戦略です。

段階的に価格引き下げを行う経時的ディスカウンティング

最近の話題の映画をご覧になりましたか。



かつて映画は、テレビに押されてかなり売り上げを減少させていたのですが、最近では、多くの大ヒット作品も現れ完全復活の様相です。

近年の特徴として顕著なのが、全国に大型のシネマコンプレックスができたことです。

映画は映画なりの価値を有し、テレビにはテレビなりの価値の提供があります。

しかし、この2つのメディアは、全く異なったコンテンツを提供しているとも言えません。

劇場で公開された人気映画は、よくテレビの番組として放映されています。

また、映画はDVD化され販売若しくはレンタルされています。

劇場で映画を観る楽しみは、何と言ってもその大きなスクリーンに映し出される迫力です。

ただ、価格が少し高いのが難点です。

テレビのロードショウで映画を観れば、無料で鑑賞できます。

価格のみを重視するのであれば、映画は当然家のテレビで観ることになるでしょう。

テレビで観ようが劇場で観ようが、映画その物のコンテンツは同じです。

それではなぜ映画館で見ると2番館でも1000円以上するものが、テレビでは無料なのでしょうか。

その理由の1つに、テレビで放映され時には、テレビ局がスポンサーをバックに放映料を肩替りしてくれることが挙げられます。

これはレンタルについても同様です。

また、劇場放映の場合は、設備や維持に費用がかかり、テレビの場合は、これらの費用が発生しないこともあるでしょう。

この他劇場には、デートで使うこと等の映画鑑賞以外の特別の付加価値も存在します。

そこで、それなりの雰囲気を持たせるための仕掛けも必要で、そこにある程度高目の価格設定も必要とするのでしょう。

ただ、私たちがここで注目したいのは、顧客はどれ位その映画を観たいと思っているかの問題です。

映画館までわざわざ足を運んで映画を観る人は、少なくとも映画にかなりの関心を抱いている人でしょう。

これに対して、少し待てばテレビで放映するだろうからそれまで待てばよいと考える方は、映画館に足を運ぶ人に比べれば、映画に対する興味が低く、観られれば観るといった程度の興味の持ち主の人かもしれません。

ここに、経時的ディスカウンティングを観ることができます。

それは、最初はその映画をどうしても観たいといった人を目標に絞ってやや高めに価格設定をし、つぎにできたらその映画を観たいといった気持の人を目的に中くらいの価格を設定する。

そして最後に、観ても観なくてもかまわないといった感覚の持ち主に対して、低価格で誘導するのです。

アパレルも経時的ディスカウンティングが色濃く表れます。

発売当初の最新ファッションは定価で売られ、売れ残ってくると段々価格を下げて行きます。

そして最終処分としてアウトレットやバーゲンで底値販売されます。

価格を消費者の思いの程度に合わせて行くうまい手法です。


低価格で市場に参入し、シェアを確保するのが浸透価格戦略

徐々に価格を引き下げる方法を経時的ディスカウンティングと言いましたが、これとは全く逆に、最初は低価格に設定し、その後次第に価格を上げる(ただ、直接的に価格を上げることは非常に難しいと言えますが)方法もあります。

これを浸透価格戦略と称しています。この戦略では、顧客の期待はさることながら、規模の経済理論や経験の経済理論、また、マーケティング活動における様々な戦略要素が検討されます。

いわゆるファミコンブームに火をつけた、任天堂のファミリーコンピュータの販売時には、価格を他社製品に比べ非常に低く設定したと言います。

この低価格を実現させた要因は、機能の絞り込みと半導体部品の大量一括購入ですが、この低価格によって、ファミリーコンピュータを市場に一気に浸透させることに成功しました。

この戦略の成功で、大きなシェアを獲得した同社は、その後定期的にゲームソフトを開発販売することで、初期投資を回収し、ファミコンのNintendoとしてその名を世界に知らしめたのでした。

この任天堂の成功例は、浸透価格戦略をとるには、長期的視野の下で投資資金を回収すると言う販売戦略の重要性を教えてくれます。

よく売れたことを幸いに、ファミコンの値上げを行うことは意味がありません。

長期戦略の下、大量生産することでコストをいかに下げられるのかや、ゲームソフトの販売が如何に利益に貢献するのかといった多岐にわたる視点を計画段階から持つ必要があります。

十分な利益を最初から目論む戦略、それとは反対に、後から利益の回収を行おうとする戦略、その後知らにも裏付けがありますが、一番重要な事は、市場動向を常に凝視し、緻密な資金回収スキームを作っておかなければならないことです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
日銀 政策金利


























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。