初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

値下げとポイントではどちらが効果的か?

価格コントロールには、単なる値付け以上の意義があります。
価格を変更しないで、還元率の調整で販促するのがポイント制です。
ポイント制の重要な意義は、顧客の囲い込みです。

市場は完全競争ではない

価格のコントロールは、マーケティング上重要な事項であり、もし価格決定権を競合企業に奪われれば、起業存亡の危機に陥ることになります。



しかし、価格は、通常コントロールできないものとも考えられています。

例えば、リンゴ1個100円で販売する青果店があれば、となりの青果店では、その価格より安く販売するはずでしょう。

この価格値下げ競争は、商品を販売しても全く利益がない状態まで続けられ、終いには、どの青果店も最も低い価格でリンゴを販売することになります。

経済学上の有名な理論に、完全競争という考え方があります。

完全競争では、リンゴ価格のコントロールは誰にもできませんが、競争と言うシステムを通して価格は自動的に決まります。

市場とな何は、このような完全競争に近い市場もありますが、一方では、完全競争と全くかけ離れた市場も存在します。

つまり、財やサービスが独占的に提供される市場も存在します。

完全競争市場に最も近い市場は、産業革命当時の生産活動や農産物では、完全競争の論理がかなり当てはまるのではないでしょうか。

多分、完全競争の論理が盛んに訴えられた時には、現実として、完全競争に似た状況がかなり見出されたのではないかと思います。

現在では、市場の大半が、不完全競争の中にあります。

独占状態は独占禁止法の規制もあり存在は難しいのですが、それにしてもごく限られた大きな数社によるいわゆる寡占市場はよく見ることができます。

例えばビール会社では、片手の指で数えられる位のごく少数ビール会社が、巨大ビール市場を握っています。

また、ゲーム機市場においては、3社の寡占状態です。

このような状態の下では、価格をうまくコントロールすることが、卓越したマーケティングの重要な条件となっているのです。

価格のコントロールは、単純な製品値付けの問題だけに留まりません。

価格は、販促の有効・重要な武器としても機能します。

ここで、家電量販店に代表されるポイント制度を考えてみることにします。

例えば、1万円の電化製品を購入した際に10%のポイント完全が実行され、そのポイントで、次の買い物ができます。

このポイント制における価格設定は、価格の名目表示と実際の商品購入時点の価格に差異があることを意味します。


ポイント制度導入で期待される効果とは

単なる値引きではなく、比較的複雑なポイント制を用いるのでしょうか。

それには、価格に関連する色々な効果が期待されるからです。

その1つが、名目の価格を表示することで、消費者に割引したと言う買い得感をイメージさせることができます。

最初からの低価格路線は、価格を通じた商品価値の推定と言う点で、心理的にマイナスイメージを与えかねません。

また、購入の割引を次回に持ち越すことで、いわゆる顧客の囲い込みの機能も持たせることができます。

1回その店舗で商品を購入した顧客は、ポイントを獲得することで、他の商店より安く買えるので、他の店舗で買う意思が減少します。

更に、ポイント制度の利点は、販促活動の領域が広くなることも挙げられます。

当初計画し多売り上げ目標に達しない場合、売り上げを上げようと、ただ単価格を下げたのでは、大きなリスクを伴います。

更に、売上アップを狙って価格を下げたのに売り上げが上がらなかった場合は、もはや価格の引き下げでは対処できません。

こうした場合、ポイント制度があれば、ポイント還元率と言う実質的値幅の調整部分を使い販売促進を行えるのです。

もし、完全競争市場でない場合は、このような価格調整機能を駆使して色々な効果を享受することが可能になります。

ただ、マーケティング活動にもたくさんのコストが発生します。

このことは、ポイント制度にしても同様に言えることです。

完全競争に向けて進行する市場では、マーケティング活動を行うための原資がないので、このような戦略は実行できませんが、完全競争からかい離すればするほど、マーケティング活動の重要性が、より増してくると言えるのです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
りそな 住宅ローン 金利
























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。