初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか

ネット広告の量は、確実に増大しています。
個別メディアの力ら弱まり、メディアミックスの重要性が叫ばれています。
動画サイトはテレビ番組も視聴でき、メディア融合が進行しています。

比重を増すインターネット広告

これまでのメディアは、ラジオ、新聞、テレビ、雑誌(場合によりダイレクトメールを入れることあり)の4媒体とされてきましたが、インターネットの登場で、メディアは5媒体となりました。



また、このインターネット媒体の比重が段々伸びてきています。

2004年にはラジオにおける広告費を超え、現在では、新聞や雑誌よりも大きな広告取り扱い額で、テレビに迫る勢いです。

このような現状からみれば、まさにネット広告時代を迎えたと考えるのも当然です。

しかし、ネットだけが媒体ではないので、企業としては、5媒体ないし6媒体をうまく利用して広告活動をすることになります。

クロスメディアと呼ばれる手法は、このような多くのメディアの組み合わせにより、1つの目標を達成することを意図します。

メディアミックスやプロモーションミックスといったものも、これに準ずる手法です。

ただここで重要な事は、メディアの数が増えたのでその組み合わせ方を検討するとうことだけでは、クロスメディアの真の意義を理解したとは言えません。

何故なら、メディア数が増加しても、テレビCMが依然として、他を圧倒する広告効果を持っていれば、テレビを利用すれば良い話です。

クロスメディアの重要性が盛んに叫ばれるのは、先ず第一に、従前の個別メディアの影響力が、以前ほど強大でなくなってきたことが背景にあります。

よく言われる例では、以前の紅白歌合戦の平均視聴率は、70%を大きく超え、80%を超えたこともありました。

こうした時代では、情報伝達をテレビ広告の効果に依存していればよかったはずです。

しかし、最近のテレビ視聴率は減少傾向で、紅白歌合戦でさえ40%の視聴率に留まっています。

テレビが3種の神器ともてはやされた時代は遠くすぎたのかもしれません。

最近では、テレビを見ない、テレビは、ワンセグケータイさえあればよいと言う若い世代も登場しています。


個別メディアの弱体化とメディアの融合

更に重要な事があります。

それは、従来メディアを中心とする個別メディアの影響力が全体的に低下し、新しく台頭したインターネットを中心とするメディアに融合している状態であると考えられることです。

その理由は、若い世代では、テレビ離れが進行していると言われる一方で、テレビ番組の内容情報は詳しく知っています。

何故なら、ユーチューブ等の配信動画サイトを利用してテレビ番組を観ることができるからです。(ただし、著作権問題があるが、この傾向は確かなものと言えるでしょう)

よくよく考えると、雑誌や新聞記事は、現在ではいつでもネット上で読むことができます。

ネットラジオもかなり普及しています。昔から他のメディアとの融合は、よく起こっていたのかもしれませんが、このインターネット中心のメディア融合の方が、その力強さが頭1つ抜けていると感じられます。

それでは、販売促進の観点からこれを考察しても同じようなことが言えると思います。

単体のメディア利用だけでは、販促活動がうまくいかず、時代はクロスメディアと言う新発想を要望しています。

そしてそのことは、メディア自体がもう融合していることを意味していて、それ故、何かのメディアを利用することは、同時に他のメディアとの融合や関連を考慮しなければならない似が現在に状況であると言えます。

インターネットの可能性は、まだ十分に説明され尽くしてはいません。

CGM(Consumer Generated Media :日本語で消費者生成メディア)や今話題のソーシャルメディアと呼ばれるユーザーを基盤とするコミュニケーションの道具も、インターネットを利用する重要なツールに成長しました。

また、このインターネットは、他の既存のメディアと縦横無尽にその蜘蛛の巣を拡大する性格を有していることが大きな特徴として挙げられます。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
日本国債 金利





マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。