初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?

需要抑制するマーケティングは実在します。
例えば、禁煙キャンペーンやあえて売り切れにして、飢餓感を煽る手法等があります。
マーケティング活動は、このような矛盾や逆説に満ち溢れる活動です。

マーケティングに含まれる需要の喚起と抑制

通常のマーケティングは、顧客のニーズに応えるための諸活動なので、そのニーズを実際に実現することを目的とします。



しかし、その逆に、マーケティング活動には、ニーズを抑制することも含んでいます。

正確に言えば、顧客のニーズと言われる需要に関連する様々な活動が、マーケティングと呼ばれる活動です。

通常のマーケティング活動目的とは逆に、需要を抑制するための間マ−ケティング活動をデ・マーケティングと呼ぶことがあります。

「デ」は、通常のマーケティングの否定や相対化を意味し、これは、マーケティングしないという意味ではなく、逆の目的を持ってまケーケティング活動を行う意味を持ちます。

デ・マーケティングにおいて、禁煙キャンペーンは、その代表例として挙げられます。

近年、喫煙の健康への影響が理解されるにつれて、本人の喫煙のみならず、家族他周辺者への影響が知られるようになりました。

このような禁煙に対する理解が広がることで、タバコの需要は、著しい抑制傾向にあります。

目的が本来のマーケティング活動とは反対でも、その基本となる活動自体に変わりはありません。

特に、禁煙キャンペーンの場合では、プロモーション活動を通じて目的を達成する形態をとるでしょう。

どんなメディアを使えば、効果的にターゲットにアプローチ出来るか、また、具体的な広告表現はどうするか、顧客と接点は、テレビ等のマス・メディアだけでなく、居酒屋やカラオケ店も重要な場となるでしょう。

このような様々な要素を検討し、全体として禁煙キャンペーンの効果が期待できるのです。

これまでの研究では、禁煙キャンペーンは、他社との関連を強調することで、より効果的な成果を上げることが分かっています。

単に、自分の健康への影響だけではなく、他者の健康被害の危険があることや、その結果、他者から疎外される可能性を伝えることで、禁煙メッセージが効果的に機能します。

これは、デ・マーケティングに限らないことです。

このように、デ・マーケティングは、重要な社会活動の一部として認知されつつあります。

つまり、マーケティングとは、需要に応えるだけのものではないのです。


矛盾に満ちたマーケティング活動

デ・マーケティングと呼ばれるマーケティングには、高度で少しトリッキーな使い方があります。

これは、一時的に需要を抑制することで、逆に需要を喚起させようとする方法です。

実はこの方法、現代マーケティングの伝道師と呼ばれるフィリップ・コトラ―によって、1970年代に既に指摘されています。

具体的に言えば、ある製品を限定発売で市場に提供し、在庫切れを経過うして消費者の飢餓感を煽るものです。

購入ができないと思わせる情報提供は、その製品やサービスが人気であるとの思いを抱かせ、結果的に需要を喚起することになるのです。

この方法は、社会的にあまり潔い方法とは言えませんが、このマーケティング手法は、極めて重要な事項を示唆しているのです。

つまり、同じデ・マーケティングを行っても、その効果が全く反対方向にでると言うことです。

常にマーケティングは、このように矛盾と逆説にあふれています。

デ・マーケティングがそのどちらの方向に効果を表すかは、デ・マーケティングを行う人々とその対象者の関連で決定されることになるでしょう。

例えば、顧客がメーカー側の発信する情報をあまり信頼してなく、疑いの目を持ってその情報に接すれば、例え、需要抑制を計画していても、顧客はそのメーカー側の思惑に反して、需要を喚起したいのだろうと深読みさせたり、その他様々な理由付けをするでしょう。

ここ結果、当初見込んでいたマーケティング効果は反転する可能性もあります。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
スルガ銀行 金利









マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。