初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

そもそも人はなぜ欲しがるのですか?

なぜ消費するのかを考えることは、重要かつ複雑で、まさにマーケティングの問題です。
他人に自分の力や地位を見せることが目的だという見解があります。
消費行為自体が目的だとする快楽的消費や経験的消費と言う考え方もあります。

なぜ人は消費するのか

あまりに基本的な事かも知れませんが、人は生きるため、欲求を充足するために何かを消費します。



顧客のニーズに応えることがマーケティングなのですが、良く考えると、人が消費行為をどうして行うのかは、よく分からない部分があります。

例えば、人は食料を摂取しなければ当然死んでしまいます。

しかし、高級でおいしい料理を食べようとするのでしょうか。

なぜ、手掴みでなく、箸やナイフ・フォークを使うのか。

その上、食べ方に順序も付けます。

食べることが当然なら、もっと簡単に食べられるはずです。

消費は複雑な行為です。

それ故、顧客のニーズに応えるマーケティングもまた、複雑な問題を対象にしていると言えます。

何かを必要とすることは、顧客にとっても当たり前のことのように見えて、実はそうでもないのです。

必然ではない可能性に満ちています。


消費は必然とは限らない

マーケティングと言う概念は、そんなに昔からあった考えではありません。

マーケティングは、20世紀前後の消費社会を背景としたアメリカを中心に生れた考え方です。

それまでの古典経済額は、食べなければ死んでしまうのは当然のことなので、そのような死んでしまう人を如何に救うのかが目下の問題でした。

如何に富の分配をするかや如何に生産量を拡大するかが、問題の中心でした。端的に言えば、絶対的供給不足の時代だったのです。

産業革命がこの状況に革命を起こしました。生産量が爆発的に拡大し、絶対的供給不足状況を脱しました。

それ故、問題となるのは、生産から消費へと移行して行ったのです。

今度は、供給過剰が問題となっていったのです。

現在の消費社会は、物余りの時代とされています。消費者の基本的な欲求は充足されていると言われます。

しかし、何かを求めて消費しているかもしれません。

その対象が何であるか、それらの人たちも確実に知っているとは限りません。

なぜ人は消費するのかを考えることは、消費社会の中で重要な課題となっています。

これがマーケティングの本質的な課題です。

顧客のニーズに応えることは、すなわち、もはや存在しないとも言える欲求に応えることとも言えるのです。

人は、動物的な意味での製品やサービスを消費するとは言えません。

何らかの規則に従って人として消費します。

これを表すのが、いわゆる見せびらかしでしょう。

経済学者のソースティン・ウェブレンが唱えた、顕示的消費と言う考えによれば、人は、他人に自分の力や地位を顕示するために消費することになります。

つまり、消費の理由は、社会や文化といった他者との関連の中にあると言う訳です。

この場合の消費行為は、一種のコミュニケーションの手段と言えます。

消費行動研究の中でとなえられた快感的消費、経済的消費と呼ばれる考え方があります。

これらの考えは、消費行為自体そのものを1つの目的と捉えます。

例えば、スポーツ観戦を挙げると、そこには多くの理由づけが考えられるのですが、この場合、最も重要なのは、観戦自体を楽しむことでしょう。

これは、消費行為に何らかの目的はないことを意味します。

生きるため食事ではなく、食べること自体が究極の目的となるのです。

消費社会の中で、消費の根本的な理由を考えることは、複雑な問題を提起させます。

もはやマズローの言う階層化は亡くなり、はっきりしない時代になったとも言えます。

このような問題抜きに、ビジネスは考えられません。

この問題が、次代のマーケティングを開くカギとも言えます。

今日では、行政や非営利組織等、マーケティングがこれまでよりも、より社会的な集団で必要とされています。

マーケティングは、社会に係る活動とも言えるのです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 10年


























マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。