初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

SNSやブログは、口コミに効きますか

ブログやSNSを利用したマーケティングが一般的になりました。
特に注目されているのが、口コミ広告です。
消費者間で交わされている情報が、マーケティングの影響を受けながら広がります。

ソーシャルメディアの台頭

ブログやSNSといったインターネットを利用したマーケティング活動が、世界的規模に拡大しました。



これらのインターネットツールは、ソーシャルメディアと総称されています。

ソーシャルメディアの特性は、消費者間で利用され、互いに情報発信される点にあります。

この特性はインターネット徒ほど動揺と言えますが、多くのユーザーが簡単に利用でき、分かり易いインターフェイスを実装している点で、初期のインターネットや インターネット自体の特性と多少異なります。

インターネットの特性としてよく挙げられるのは、オープン性や匿名性ですが、ソーシャルメディアには、これらの特性はありません。

特にSNSでは、どちらかと言えば、オープンと言うよりクローズドなコミュニティ形成で、コミュニケーションを活性化させていると言え、サイト内では、相手を特定することも可能です。

初期のインターネットツールの比較で、ソーシャルメディアの特性が分かります。

例えば、Nifty-ServeやPC-VANといったテキストベースのパソコン通信に端を発するネット・コミュニティの歴史は、インターネットの出現で、益々社会に浸透し、ユーザー属性を大きく変化させつつ発展しました。

2ちゃんねるのような開かれたサイトもあれば、企業を中心とするブランド中心のコミュニティもあり、これには、ネットの知識を持ったユーザーが主に参加していました。

同じようにコミュニケーションが実現されても、その場に参加出来る人たちの特性や、その中でいったい何が実現可能なのかを考えれば、その敷居は大きく下がります。


ソーシャルメディアと口コミ

ソーシャルメディアの発展に伴い、口コミが大きな注目を集めています。

マーケティング上のコミュニケーション活動においては、従来、消費者―消費者コミュニケーションの方が、影響が強いことが知られています。

しかし、当初口コミは、マーケティング活動の外で生じる問題とさました。

その後、このような消費者間コミュニケーションにマーケティング活動がリンクし、リニアな関係とは言え、口コミへの影響が論じられるようになったのです。

具体的に言えば、オピニオンリーダーを発見し、彼らにアプローチし、彼らを通じて様々な情報を消費者に伝達しようとする視点です。

情報の2段の流れ仮説を基にした手法です。

インターネットやソーシャルメディアの発展は、以上のような状況をさらに拡大させ、新たな状況をも生みました。

インターネット上で形成されるたくさんのネットワークは、ネット・コミュニティを代表として、消費者間コミュニケーションが、マーケティング活動に影響されつつ広く伝播し続けています。

ソーシャルメディアにおける口コミの出現は、それまでの口コミに対し、大きく2つの特徴があります。

第一に、メッセージや意味が一方通行ではなく、ネットワーク上で互いに交換されることです。

第二に、消費者間で盛んにやり取りされるコミュニケーションに対し、マーケティング活動が、陰に陽に関係して行こうとする点です。

第一の点については、口コミをマーケティング活動に組み入れる難しさを示しています。

ネットワークで流れる情報は、決して企業に有利な情報だけではありません。

かえってネガティブ情報の方が流れやすい傾向があります。

情報の流れが一方的でないことは、情報の内容を統制できないことを意味します。

更には、ネガティブ評価を作ることさえあります。

しかし、第二点として、ソーシャルメディアを無視することはできません。

クロスメディアではもちろんのこと、今日のコンタクトポイントやタッチポイントと言う論議は、概ねソーシャルメディアを如何に活用するかの点に帰結します。

ネット時代の口コミは、統制より支援すると言う概念に馴染みやすいのです。

ネガティブ情報を減少させるためには、そのための仕組み作りも重要と言えますが、同時に、ネット上のコミュニケーションに直接介入するよりも、これをより活性化させるように、陰から支える心構えが重要です。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ドル 金利









マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。