初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?

今日のマーケティングでは、特にブランドが重視されます。
ブランドとは、製品やサービスを特徴付けるネーミングやシンボルの総称です。
ネーミングやマークに付く付加価値がカギとなります。

ブランドとは何か

現代のマーケティングで特に重要視されるものの1つがブランドです。



強いブランドを作ることをマーケティングの大きな目標とする組織もあります。

しかし、具体的にブランドとは何かを考えた時に、その内容が明確でないことも多いと思います。

例えば、ブランド製品は何処が違うのか。

強いブランド構築と強い製品、又は良い製品を作ることは、いったい何が異なるのでしょうか。

当然ながら、ブランドは製品やサービスそれ自体ではありません。

ブランドを一言で言うと、製品やサービスを特徴付ける名称やシンボル、マーク等の総称であると言えます。

それなら、ブランドが良いとは、名前、シンボル、マーク等が優れていることでしょうか。

この理解は、半分程度あたっていますが、十分な理解ではありません。

例えば、「アップル」は強いブランドですが、それは、「Apple」と言うロゴが優れている訳ではありません。

有名な欠けたリンゴマーク自体が優れているものでもありません。ブランドが強いと言うことは、その名前やシンブルが、マークと一体化して多種多様な価値を生み出すからに他なりません。

キーポイントは、ブランドに付随する「意味」と言えます。

この意味には、製品特性やその特性に対する評価も含みます。

「意味」を包含するブランドを特に、ブランド・エクイティと呼んでいます。

ブランド・エクイティは、製品やサービスに追加した付加価値であるとも言えます。

これは、企業のマーケティング活動に付随した顧客のブランドについての思いや感覚、行動が反映したものと言い代えることができます。

この際、企業側が目標とするブランド・エクイティを特にブランド・アイデンティティと呼びます。

また、顧客の蓄積されるブランド・エクイティを顧客ベースのブランドエクイティと呼んでいます。

強いブランド構築には、精緻な企業のブランド管理が必須です。

またそれに並行して、顧客がそのブランドについて、特別の意味を見出す必要があります。

ブランド本来の価値は、顧客側にあります。

名前やマークの形をとるブランドは、企業と顧客の間を取り持つ役割を持ちます。


どうしてブランドが必要なのか

古くからブランディングは行われてきました。家畜に押された焼印が、ブランドの起源とも言われます。

しかし、現在において改めてブランドの重要性が説かれるのは、グローバル化による競争環境の激化や小売企業の巨大化等の大きな環境変化が起因となっています。

古くは、製品やサービスの大半は、無名性を帯びていました。

リンゴはリンゴであり、サバはサバでしかありませんでした。

そこにブランドの存在はなく、あるのは、製品やサービスそれ自体でした。

しかし時代の経過に伴って競争が激化し、リンゴの品種が問題化され、サバの産地が重要になってきました。

品種や産地は、その製品やサービスに似かよったものとを区別し、その製品の優位性を主張します。

このようにして、リンゴやサバにもブランド化されました。

一度ブランド化されれば、単なるリンゴやサバのオリジナル化を決定付けます。

競合商品との違いが強調され、店頭では独自性を主張します。

その上、オリジナル性維持のために、手のかかる生産方式や品質管理が採り入れられ、品質向上に一役かいます。

その結果、顧客もそのブランドを認知し、理解するようになり、更にブランドは、その価値を増していくのです。

アップルが持つクリエイティブなイメージもこれと同様です。

それは、アップルの製品価値ではなく、長期間に渡って蓄積されたのはこれらの活動を認める顧客の意味の体系とも言えます。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
みずほ 住宅ローン 金利















マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。