初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

プライベートブランドとは、なんですか?

小売業者がメーカーに委託して製造・販売する自社ブランドです。
マーケティングコストが抑えられ、その分、ナショナルブランドより低価格です。
無印良品のように、ブランディングしないことで、逆に強いブランドを生むこともあります。

ノーブランドと言う選択肢

マーケティング活動の大きな目標は、強いブランドの構築です。



マーケティングに関する意味を顧客に浸透させ、ブランドと顧客間の関係を強くするため、マーケティングは、多くの努力が要ります。

しかし、このマーケティング活動には多額の費用がかかります。

強いブランドは、売り上げや利益を牽引すると考えられますが、ブランドだけがこれらの牽引力ではありません。

現代企業は、複数の事業部門を有し、多くの製品やサービスを市場に提供しています。

これら多くのサービスや製品に対して、均等にブランディングを行うことは現実的ではありません。

そんな中、ブランディングしないとするノーブランドの選択もあります。

ノーブランドは、ブランディングが有する利点を享受できない半面、ブランディングのデメリットも排除することが可能です。

ブランディングのデメリットの1つは、多くの時間や費用がかかることです。

一度強いブランドが確立されても、その維持には費用がかかります。

更に、強いブランドであればある程、ブランディングに失敗した時は、その負の影響をもろに受けてしまいます。

少しの失敗で、大きくブランドが毀損されるリスクが生じます。

不祥事は言うに及ばず、僅かなブランド拡張の失敗が、強いブランド全般に影響を与えることがあります。

ブランディングしない場合は、ブランディング製品やサービスと比較して、低価格で提供される場合が多いと思います。

つまり、ブランディングに費やされる費用が削られ、低コストのラベルやパッケージ、広告費などがカットされるからです。

その結果、価格の影響が大きな日用品等は、積極的なノーブランドマーケティングを行う理は大きいと言えます。

また、特別製品やサービス自体が優秀な場合は、ブランディングの必要があまりないとも言えます。

多くのメーカーでは、ブランディングと言いながら、製品やサービスそれ自体の技術の高さや品質の良さを強調しています。

当然、優秀な製品やサービスの開発とその維持は、ブランディングに寄与しますが、それだけではありません。


ナショナルブランドとプライベートブランド

ノーブランドに関しては、小売業がメーカーに生産委託して自社のブランドとして販売する形態のPB(プライベートブランド)と言う方法が存在します。

PBでは、通常使用されていたNB:ナショナルブランドを使わず、必要に応じて小売業者がブランディングを行います。

PBのメリットは、広告費等を削減することで、費用を抑え、低価格で販売することです。

これはノーブランドの典型と言ってよいでしょう。

これとSPAの仕組みも良く似ています。

ただ、SPAは、小売業者が自前で製造過程を作りますが、PBは、製造過程はメーカーに委託されます。

興味深いのは、ノーブランドを標榜しながら、結果的には、優秀なブランドが構築される場合があることです。

その代表例が、無印良品です。

無印良品は、その名が示すように、いわゆる印を持たないノーブランド製品で、その元は、西友グループのプライベートブランドとして生まれました。

しかし、ノーブランドでも良い製品を提供するとのコンセプトは、やがて消費者に受け入れられていきます。

時の経過の中で、無印良品そのものが、優秀なブランド・エクイティを獲得して行きました。

今では、世界進出も果たす、強いブランドに成長しました。

ブランディングしないことが、強いブランドを生むこともある。

それは、ブランドが意味の体系であって、全ての意味を取りこめる概念であることを示しています。

また、ブランドの無限の可能性を示し、長期的な観点からは、的確なマネージメント無くしては、それは維持できないことを示します。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅金利 推移


















マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。