初心者のためのE-mailマーケティング

マーケティングについて

マーケティングにおけるキーワードについてこれだけは知っておきたいという必須項目を分かりやすく解説しています。

サイトマップ

ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください

顧客の希望を吸い上げ、製品開発を実現させる企業も登場しました。
製品やサービスの新しい使い方に理解のあるリードユーザーの存在が重要です。
企業とユーザー、また、ユーザー間で意見交換が繰り返され、製品が洗練されていきます。

インターネットを通じて製品開発に参加

少し前には夢のようなことだった、自分が欲しいと思う者を製品化することが、近年のインターネットの普及で、ある程度実現させるようになりました。



顧客の希望を取り入れた、製品開発の具現化を行う企業もあります。

例えば、エレファントデザインによる空想生活は、消費者参加型製品開発のパイオニア的存在です。

空想生活には、ユーザーからの希望製品の提案が多数寄せられています。

その領域は大変広く、かばんや文房具から、電話機やパソコンのような電気製品まで多種多様です。

開発過程を簡単に説明すると、先ず、最初に提案したユーザーが、自分が欲しいと思っている製品の開発を実現するため、自分の賛同者を集めます。

サイト上で製品コンセプトを公開し、プロトタイプ画像をアップし、他のユーザーと意見交換をします。

他の利用者との意見交換の中で、コンセプトやデザインが飛躍的に完成度を高めていきます。

完成度が高まり洗練されていくことで、更に多くの利用者の共感を生み、やがて、ある一定程度の利用者が、その製品を欲するようになります。

一定の利用者が集まれば、実際の製品化に向かう作業を開始します。

先ず、サイト運営者のエレファントデザインと遺書に実際に製品を作るメーカーと折衝します。

既にこの段階で、一定数の利用者が存在するので、メーカーの販売予測もある程度成り立ちます。

開発メーカーの選定が終了すれば、次に実際の生産から販売へと進みます。

実際の販売へ向けての本予約が始まり、希望した利用者に、自身で考案した製品が販売されます。


消費者は何処まで参加できるか

エレファントデザインは、無印良品やレゴと組んだ製品開発も行っています。

利用者側が欲しいと思う製品やサービスのみの提供に留まらず、企業側もエレファントデザインのシステムを利用して、利用者の意見や情報を組み上げています。

ただ、顧客にとってこのような活動は、ハードルの高い活動と言えます。

何故なら、顧客は、自分の必要性に明確には気付いていないこともあります。

また、気付いていても、それを具体的に解決する手段を知りません。

消費者参加型製品開発に適合するのは、リードユーザーとよばれる人たちです。

彼らの特徴は、ユーザーでありながら、製品やサービスの新しい使い方をいち早く理解し、それを具現化する能力を持っていることです。

多少の製品改良はもちろんのこと、メーカーも想定しえなかった利用法をも提案します。

もちろん、リードユーザーもまたオピニオンリーダーの如く個人の資質より、ネットワークの中で発見されることがあります。

ネットワークを与えることで、誰かがリードユーザーとしての能力を開花させるのです。

空想生活のようなサイトは、リードユーザーを出現させ、それを維持する場になる機能があります。

消費者参加型製品開発で重要なのは、ビジネスモデルの構築です。

何故なら、多くのステークホルダー介在の他、直接的な販売のシステムだけでは、十分な利益を得ることが困難だからです。

十分な収益を得るには、活動数を増やし、ネット上の予約の他、リアル店舗での通常販売量を頭におく必要があります。

クリック・アンド・モルタルと呼ぶ、ネットとリアルの両方を活用した販売の仕組みです。

開発目的は区別すべきかもしれません。

例えば、サイト上を1つの情報収集のための場と考えれば、マーケティング・リサーチに利用可能です。

また、1つの販促だとすれば、コンタクトポイントやタッチポイントの役目を持つことになります。

開発プロセスが、ガラス張りであることを上手に利用するのです。

【モバスト】インフォトップ公認Lmo./Rmo.モバイルマーケティングプログラム
顧客にとって、多機能・高機能は本当に必要か?
マーケティングとはなんですか?
STPとは何の略か
市場セグメントにはどんな分け方があるのか
斬新なセグメントを発見するには
競合製品との差別化はどう図る
STPは、企業間取引でも重要か
マーケティング・ミックスとは何か
モノとサービスとでは、マーケティングに違いはあるか
マーティングは、行政組織等に利用可能か?
どうリサーチすれば、ニーズをうまく掴むことができるのか
新製品のアイデアを考える方法とは
アイデアを形にし、発売されるまでの流れ
ニーズにあった機能はどのように考えるのか
試作品作りのメリットとは?
ヒットの仕組み
100円ハンバーガーを売って損はないか?
大量生産すると何故価格が下がるのか?
100円の水と200円の水。「高い方が品質も良い」は、本当か?
劇場公開後すぐにテレビで放映される映画は、資金回収できるのか
値下げとポイントではどちらが効果的か?
リアル店舗より楽天等のオンラインショップの方が有望?
直営店と系列店の違いは?
SPAとは何か?
アウトレットモール人気の秘密
ネット広告を用いるのが、今一番効果的な手段なのか
販促におけるマスコミの影響力アやはり巨大か?
時代を映す商品メッセージは、どのように作られるのか?
面白いだけのCMだけで製品は本当に売れるのか
マーケティングにおける営業の役割とは?
売れないようにするマーケティングがあると言うが、それは本当か?
顧客は何を製品選びの基準としているのか?
ティッシュと車を買う時では、選ぶ基準は変わりますよね?
オピニオンリーダーには、どんな影響力がありますか?
マズローの欲求階層説について教えてください
そもそも人はなぜ欲しがるのですか?
企業はマーケティングのメッセージをどのように統一していますか?
AIDMAやAISASとは何ですか?
SNSやブログは、口コミに効きますか
顧客との信頼関係なんて、本当に築けますか?
アップルには、なぜ、クリエイティブなイメージがあるのですか?
ナイキのような強いブランドは、どのようにつくられますか?
古いブランドの再生は可能ですか?
デザインがよいとブランドイメージもよくなりますか?
プライベートブランドとは、なんですか?
スターバックスの顧客満足度は、なぜ高いのですか?
グーグルは、どのようなビジネスモデルになっているのですか
ユーザー参加型製品開発の仕組みを教えてください
どうすれば企業全体で、顧客のニーズに応えられますか?
マーケティングはイノベーションにつながりますか?
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 変動金利










マーケティングについて All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。